融資案件円滑化

限られた時間の中で、定められた大きな目標をクリアしないといけない。かなり巧みな時間のコントロールと顧客管理が不可欠であるかと思います。

当社は、金融機関融資担当者様がほしい資料(所謂「使える資料」)に関して、熟知しております。

・取引先中小企業から、なかなか資料が上がってこない。

・顧問税理士もピントがずれている。

・新規開拓先の融資稟議起案に苦労している。

・保証協会の別枠確保、保証につながる論理展開が難しい。

そのような時、当社にご相談ください。課題解決に全力で当たります。


公的支援策情報提供

取引先企業、新規開拓先に対して、正確かつタイムリーな情報提供は金融機関の営業としては抑えておきたい重要事項です。 

当社は、金融機関融資担当者様との日頃の密なコミュニケーション、要望に応じた勉強会の実施などを通じて、情報武装のご支援を致します。

 「ものづくり補助金」「経営力向上計画」

 「IT導入支援事業」 「ロボット補助金」

 「戦略的基盤技術高度化支援事業」 等々

当社は、これまで数多くの案件を取り扱って参りましたので、実務上のポイントを把握しております。


目利き力向上支援

当社の顧客層は、地方銀行・信用金庫の融資取引先の層と一致しております。年間500社以上(2016年実績)の経営者との付き合いの中で、当社独自のノウハウを蓄積しております。

貴金融機関様が有する知見に、当社が有するノウハウを融合することで、より高次の目利き力が備わるものと推察します。